美と健康は目立たない歯の治療による美しい口元から

目は口ほどにものを言うとは言うけれど

目は口ほどにものを言うとはよく言ったものです。目はその人をよく表すからです。ただ、もちろん目だけでは本当のことはわかりません。話をして初めてその人の本性がわかるのです。その話の内容も重要ですが、話す際の口元の健康も重要です。整った歯並び、白く輝く歯であると第一印象もグッとアップします。その逆であると、いくら内容が素晴らしくても印象が下がってしまうのです。目ももちろん大事ですが、口元も非常に大事なのです。

黄ばんだ歯を白くできる

黄ばんだ歯は嫌な印象を与えます。例えきれいに磨いていても、黄色いというだけで印象が悪くなってしまうのです。これは毎日の食生活や喫煙習慣などが原因です。黄色くなった歯をブラッシングで白くはできません。この場合は審美歯科などでホワイトニングの治療を受けると簡単に白くできます。審美目的なので健康保険が使えませんが、歯が健康であれば2万円ほどあればだいたいきれいにできるので、興味があるなら試してみるといいでしょう。

クイック矯正という選択肢

いくらきれいな歯でも歯並びがガタガタでは印象が下がってしまいます。そんな時は基本的に歯列矯正がベストですが、時間とお金がかかります。それに矯正期間はワイヤーやブラケットが目だって恥ずかしいという問題もあります。それが嫌ならクイック矯正という選択肢もあります。歯を削ってクラウンを被せるだけなので、早ければ数日で歯並びを治せます。自分の歯を削るリスクがありますが、すぐに矯正したいならこういった方法もあるのです。

歯科治療の方法のひとつの選択肢として金属を使わずセラミック素材を用いるオールセラミックがあります。そのメリットのひとつには自然の歯と変わらないくらいの審美性があります。さらに変化しにくいのも特徴です。