注意が必要!歯医者で麻酔を使ったとき・・・

麻酔を使ったときには、注意が必要です

歯科で治療をすると歯を抜くときには、麻酔を使うでしょう。ですが、麻酔が効いているときには、非常に注意が必要になります。麻酔が効いている時間には個人差がありますが、大人で約1時間から3時間で子供の場合だと1時間から2時間くらいが目安になっています。この時間帯が要注意です。麻酔が効いているときには、歯だけではなくて口の周囲にも麻酔が効いているので、熱い飲み物を飲んでも熱くないので大火傷の原因になるでしょう。

麻酔を使った時には、十分に気をつけよう!

歯科で麻酔を使ったときには、食事は麻酔が切れてからがベストです。大人なら気をつけますが、子供の場合は誤って舌を噛んだり、唇を噛んだりしてしまいます。原因は麻酔で口の感覚がなくなっているので、上手く食べ物を食べることができずに舌や唇を噛んでしまうことになります。特に小さな子供の場合には、麻酔が効いているときには舌や唇を噛んでも痛くないので、何度も噛んで腫れることがあります。唇が腫れているときには、何度も噛んだかもしれないので、直に病院へ行くと良いでしょう。

口の周囲に触ると痛みを感じる

麻酔を使ったときには、口の周囲を押すと痛みを感じるときがあるでしょう。ですが、この痛みの原因は歯科で麻酔がなかなか効かないときには、口の骨に直接麻酔を使うので麻酔針で骨を傷をつけていることがあります。ほとんどの場合には2週間程度で痛みが引くので心配はいりません。麻酔液は人肌の温度になっているものを使っていますが、これは、人間の体温よりも冷えていると身体に入れたときに痛みを感じるので、痛みを軽減するために、人肌の温度に調整したものを使っています。

荻窪での歯科では、歯医者が怖い人にとっては、理想的な治療の痛みを感じない無痛治療を行ってくれる歯医者になっています。