顔の印象を左右する!鼻の美容整形手術の種類とは

美容整形手術が手軽化

美容整形手術といえば、モデルや芸能人など、華やかな世界に生きている人が受けていることが多かったのですが、近年、日本でも美容整形手術が手軽になり、多くの人が受けるようになりました。特に顔のパーツが気に入らないと悩んでいる人にとって、美容整形手術はコンプレックスを解消できる手段として、多くの人を笑顔にしてきました。最近では、手軽にできることもあって、鼻の手術は人気のパーツのひとつとなっているようです。

鼻のコンプレックスを抱えている人は多い

鼻は顔の中心部分にあるパーツで、目についでコンプレックスとなりやすいパーツのひとつです。鼻を高くしたい、小さくしたい、小鼻が気になる、鼻筋を通したい、鼻の形が気に入らない、鼻の孔の形が嫌、といった悩みが代表的だそうです。鼻は、ダイエットしたり、マッサージするなどしても簡単に形を変えられるものではないので、自分の力や努力でどうにかできないのです。そのために、鼻の整形手術は多くの人が受けているそうです。

鼻の整形手術の種類とは?

鼻の整形手術には、多くの種類があります。比較的簡単に受けられるのが、人体内に存在するヒアルロン酸や脂肪を注射などで注入して形を変えるプチ整形です。これらのプチ整形のメリットは、メスを使う手術をしなくて済むので傷痕が残らない、短時間で終わる、ダウンタイムがなく、すぐに日常生活に戻れるといったことがあります。鼻の高さを変えたい場合は、プロテーゼという人工物を挿入します。鼻の高さや形を自在に変えられるうえに整形後に痕が残りにくく、鼻をぶつけたりしても支障はないそうですよ。小鼻を小さくする小鼻縮小術や鼻先を尖らせる鼻先形成は、鼻の孔が目立ちにくくなる、鼻がきれいなラインになるといったメリットがあります。

フォトフェイシャルは、エステサロンなどで受ける事ができます。痛みは少しピリッとする程度で我慢できない痛みではないので安心です。