ヒアルロン酸をお肌に塗ったときの効果とは!?

ヒアルロン酸てどんなものなの?

ヒアルロン酸という名前、どこでも目にしますよね。では、一体ヒアルロン酸て何なんでしょうか。ヒアルロン酸は、1gあれば、6000mlの水分を保持することができると言われています。ですので、保湿成分として、いまやたくさんの化粧品に使用されています。もともと、このヒアルロン酸は、眼球の中のガラス体成分として見つかりました。身体の中では、細胞と細胞をつなぎ合わせるために不可欠なもので、特に皮膚や筋肉、軟骨を構成する主成分になっていてます。そして、ヒアルロン酸は、粘性が高いので、ネバネバしていることも特徴です。

ヒアルロン酸が入っている化粧品の働きとは

ヒアルロン酸というのは、もともと肌の真皮層にあり、肌の弾力を保つために役立っています。ですがこのヒアルロン酸は、年をとればとるほど減少していくのが特徴です。なので、ヒアルロン酸入りの化粧品で、お肌の中のヒアルロン酸を補っていきたいものですが、化粧品に含まれているヒアルロン酸は分子が大きすぎるため、肌に塗っても、真皮層にまでは届かず、肌の外側、表皮や角質層に留まってしまいます。ならヒアルロン酸入りの化粧水は意味がないのかと思うかもしれませんが、角質層の水分をそれ以上蒸発させないようにすることができるので、乾燥を防ぐことができます。

ヒアルロン酸入りの化粧品の効果とは

では、ヒアルロン酸が入っている化粧品を使うことで、どんな効果が期待できるのでしょうか。肌の角質層に潤いを与え、水分が蒸発することを防ぐことができるので、しっかりお肌を保湿することができます。肌が潤うと、小じわを予防したり改善することができます。肌の保湿とは、美肌を作るためには絶対欠かせることができません。スキンケアの基本と言えるかもしれませんね。ですので、ヒアルロン酸入りの化粧品を使うことで、肌のバリア機能をしっかりサポートすることができるんです。

ヒアルロン酸は肌を潤いを与えてくれるので、付けた後はプルプルモチモチの肌になります。付けていくたびにその効果は上がってきます。