受ける前に知っておこう!ボトックスの基本

局所麻酔で痛みもない

ボトックスは、痛みが出ないように注意することで刺激なく施術を受けることができます。まず注射として体内に成分を注入していくことになるので、ある程度の痛みを感じることになってきます。ただ、事前に局所麻酔を受けていれば、大きな痛みに悩むことはありません。麻酔を注射しておけば、神経が麻痺してくるので、特に痛みを感じることなく施術を受けることができます。痛い思いをしたくないと考えたときには、麻酔を打ってもらいましょう。

成分は安全が保たれている

ボトックスは、菌を元に作られているので、注射することで体に害が出ることがないか気になってしまうでしょう。ただ、菌を生成することで無毒化することができるのです。ボトックスに使われている成分は、確かな技術力により生成されているので、体に注入したとしても影響が出てきてしまう心配がありません。そのため、安心して施術を受けられるようになるのです。ボトックス注射を受ける方も、何の不安もなく施術を受けられるでしょう。

肌の炎症もすぐに改善

ボトックス注射を受けることで、一時的に炎症を起こしたり内出血が起こってしまうこともあります。肌にトラブルが起こってくると、それだけで気になってしまうでしょう。ただ炎症や内出血は、一時的な変化になっており、すぐに改善してくることになります。肌にダメージを与えずに施術を受けることができるので、トラブルが気になる方でも受けやすくなるでしょう。ただ、注入する分量を正しく判断しないと、筋肉がひきつることもあるため、医師を選ぶようにしましょう。

ボトックスは体内に注入することで細胞の働きを低下させて肌のシワや弛みを軽減させることが出来ます。短時間で手軽に処置できるのが利点ですが、時間が経つと効果が消えてしまう点を注意します。