自分に合ったカラーコンタクトの選び方・使い方

カラーコンタクトの選び方

カラーコンタクトは、目に直接入れるものです。最近はおしゃれの一環として使う方もおおものですが、きちんと理解をしたうえで安全に使用しましょう。まず、カラーコンタクトはすべてソフトレンズです。ソフトレンズと相性の悪い方もいます。おしゃれのために使いたいという方であっても、アレルギーやドライアイなど、何か心配なことがある人は医師に相談することをお勧めします。ちなみに、カラーコンタクトでも普通のコンタクトのように度が入っているものもあります。種類によって対応している度数はさまざまなので、度の入っているものがよいという場合には探してみてください。

フィット感を重視するなら

含水率の高いカラコンを選ぶとよいでしょう。含水率とは、レンズに含まれる水分量のことです。このレンズであれば酸素が目にいきわたりやすくなるので、ゴロゴロしにくいのです。また、レンズが目にな時もいやすいのも特徴です。ただ、長時間使用するとレンズに水分をもってかれてしまい、目自体は乾いてしまいます。短時間しか使用しないのであればとても使い勝手が良いといえます。長時間使用する可能性がある場合や、ご自身の目の状態で何か心配がある場合には専門家にそうだの上使用するようにしましょう。

フチあり、フチなしどっちがいい?

カラーコンタクトにはフチがあるものと、ないものがあります。フチがあるほうは、はっきりした柄で印象的な目になります。フチがないほうはふんわりとした印象で自然になじみます。彫が深くない顔ならフチありを選ぶほうがバランスがよくなります。彫が深めの顔立ちをしているなら、首長の少ないフチなしのカラーコンタクトを使用するのが無難です。顔全体のバランスや、どういう印象を相手に持ってもらいたいかで選ぶと理想のコンタクトを見つけることができるでしょう。

カラコンの中でも黒色のものは、自然に目になじみ、目力もアップさせてくれます。そのため、比較的に会社や学校などでも使いやすいです。